ちゃんと暮らす、好きなものに囲まれて暮らす

内なる声や地球の声に耳を傾けながら、「ちゃんと」=人間らしく、無理なく、心豊かに暮らす、これからのライフスタイルを提案していきます♪最新情報はインスタでも@kimmy_chant

飲み水_ちゃんと選ぶ

今日は飲み水について考えます。



人間の体の70%は水から出来ているので、これ、結構重要だと思うんです!



皆さんは、飲み水ってどうしてますか。
お水ってこだわり過ぎるとキリがなかったり、逆に水道水でも良いって言う方もいたり、選択肢が多過ぎて悩む方も多いんじゃないでしょうか。










元々は、水道水でも良い派でした。最近の水道水は美味しいって言いますしね。ところが、23区内に引っ越してきた時に、どうしてもお水のにおいが微妙に気になってしまいまして。(敏感族だから、というのもあると思います)

それでペットボトルを買うようになったのですが、車無しの我が家にはとても手間!
かといって、毎回宅配してもらうのも、輸送の環境負荷や昨今の宅配業者さんの負担を考えると胸が痛む。



比較と迷走を繰り返した果てに、あらゆる無駄を省いて、私が行き着いたのがコレです
クリンスイ 蛇口直結型 液晶表示付』

f:id:kimmy_chant:20170722002829j:plain

手元のレバーで、清水(浄水)/原水/シャワーを切り替えて使います。

とっっても気に入っています♪










◎導入にあたっては、あらゆる飲料水と比較しました

■水道水との比較

浄水器の性能表示で良く見る13+2物質はしっかり除去してくれます。
13+2物質とは、ざっくりいうと、
・水の味を損なう残留塩素や水道管の鉄分など
・発ガン性のおそれがあるトリハロメタンなど
・濁り
・他、農薬や鉛など
のことだそう。市販されている浄水器でも、この「13+2物質対応」だと高除去タイプと言われており、安心の1つの目安になります。


肝心のにおいは、水道水特有の臭みがちゃんと取れました。味は、特別美味しい訳ではないですが(笑)、クセもなくマイルドな感じになります。


(!!ここが私には結構重要!!)
水道水に含まれる塩素は、雑菌の消毒の為には大切なのですが、実は食材のビタミンを壊してしまうんです。せっかく食材や調味料にこだわってお料理しても、栄養が減ってしまうなんて……何とかしなきゃと思ったのが、導入に至ったきっかけでした。




■水を買うのと比較

ペットボトルと比べても断然コスパが良いです!カートリッジ1つ2~3000円程度で、900L(なんと2Lペットボトル450本分も)浄水します。なので、気兼ねなく米研ぎやお野菜を洗うのにも使えます。


ウォーターサーバーは、事業者が増えすぎて…はっきり言って玉石混淆だと思っています(ウォータービジネスの感じがどうも苦手でして…笑)
導入するとしたら、お気に入りの銘柄の天然水が見つかった時だと思っています(パワースポットの波動が高いお水とかは興味があります)
シンプルに暮らしたい派としては、現時点では浄水が1番しっくりきています。





■他の浄水器との比較

中空糸膜フィルターっていうのがとても優れていて、大腸菌などの雑菌は除去するのに、ミネラルは残してくれるところに惹かれました♪


もう1つ惹かれたのが、残り何リットル使えるかが一目でわかり、無駄がないところです(ここ重要)
そもそも一般的な浄水カートリッジの寿命って分かりにくいんですよね。4人家族で2~3ヶ月とかよくありますが、本当はどうなのって思ってました。(効果が薄まるの?それとももっとイケる?はたまた、衛生面から期限内に交換した方が良い??)←考えすぎか(笑)


メーカーさんに伺ったところだと実際には、設定された量までは、期限を過ぎても使えるんだそう!衛生面は、毎日お水を通す一般家庭なら(使わない日が多い別荘とかでなければ)、特に問題はないとのこと。なので3ヶ月が期限のカートリッジを、我が家は2人暮らしなので1年位=きっちり900L使いきってます。






浄水器どれが良いのか迷っている方や、漠然とペットボトル買ってる方にはおすすめです!

ウォーターサーバーを導入している方でしたら、お料理用には浄水を使う等、使い分けもおすすめだと思います。











私は最終的に浄水器に決めたので、的を絞って3点比較しましたが、本当は他にも色んな議論がありますよね。天然水と水道水どちらが安全かとか、生水がと湯冷ましどちらが良いのか等々…
ネットで検索してみてもまぁ情報の多いこと!

私の印象なのですが、水に関わる色んな立場の人がいて、みんな、あくまでも自分の立場で良い・悪いを述べている!!(笑)だから結局、現状何が良いのか分かりづらくなっているんだと思います。




客観的な情報が少ないと感じたので、私が決めた過程を、悩んだ情報も含めて書いてみました♪
1番しっくりくるものを自分軸で選べる、賢い消費者でありたいですよね。その為の判断材料として、お役にたてれば幸いです。

(ちなみに、選んだものは、仮に現状で納得がいっていないとしても自分を責めないで下さいね!ネガティブな気持ちでお水を口にするのは、体にもお水にも失礼なので、感謝の気持ちで行きましょう♪)








本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

f:id:kimmy_chant:20170722032137j:plain

ちゃんと物を選ぶ

いきなりなんですけど、
私も含めて、一体どれ程の人が、どれくらい自分の所有物に対して、責任を持って「ちゃんと」選べているでしょうか。



家、車などの高いお買い物や、そこまで高額じゃなくても靴、かばんなど気合いを入れて買うものは、色んな情報を取捨選択してちゃんと選べていると思うのですが、日用品ほどちゃんと度が下がる気がするのです。



◎いくつかの視点から考えてみます。


・必要だと思わされていないか
(メーカーは自社の製品を気に入ってもらうのに必死です。その為にマーケティングして、響くようなキャッチコピーや付加価値をつけて、広告を使って広めます。私もメーカー勤務だからわかります(笑)あたかも自分にとってすごく必要!…と、知らず知らずのうちに思わされていませんか。)


・使うのが当たり前だと思っていないか
(昔から使っていた、親も使っていた等、
特に気にもしていなかったけど、考えてみたら自分軸で選んでなかったものって、意外と多いかも知れません。)


・便利だと思わされてないか
(例えば使い捨て製品は、価格がお手軽だったり、洗う手間も省けたりで重宝されていますが、その便利さを本当に欲していますか。)


・地球環境を汚さないか
(みんな大事だとは気づいていても、コストや使い勝手の面でハードルが高くて手を出しにくいところなのかも知れません。それでもやっぱり大事なのは、一度考えてみることだと思っています。)


・それを買うことで与える影響を考えているか
(「買い物は投票」とか、「賢い消費者」とか色んな表現をされる方がいらっしゃいますね。本当に良い考え方です。私はとにかく、良いお金の使い方がしたい!!身近な実例があった方が断然腑に落ちやすいので、これからゆっくり語っていきます♪)





そんな私自身も元々、のほほ~んとして何も考えずに、もの選びをしていました(笑)


環境問題には幼少期から興味があったのですが、エコな商品って漠然と価格が高いイメージがあったり、意識高い系の人専用のイメージ(←なんじゃそりゃw)があったり、そもそもどこに売っているのか分からないし!と、勝手にハードルを感じていました。


それが、昔の人の知恵とか、良いものを長く使う楽しさに触れて、何となく心が豊かになる感じに気づいて、出来ることから始めたのが大学の頃。


体が敏感になってしまい、悠長なことを言っていられなくなったのが2011年頃。徐々に徐々に、ちゃんと選ぶ方向へシフトをしてきました。


まだまだ勉強中で、日々情報収集しています。トライアンドエラーを繰り返しながらも、楽しんで進んでいます♪♪





ちゃんとものを選ぶシリーズ(仮)乞うご期待!




(写真は、良いお金の使い方をしたい!ということで、愛用のお財布さんです♪)


本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました^^

f:id:kimmy_chant:20170719011158j:plain

広告を非表示にする

体さんとの向き合い方

昨日は、

・体調不良は心や体からのサイン
・だから、体調不良は悪者じゃない
・むしろ気づきを与えてくれる、有難い存在

ということをお伝えしました。

今日は、実際に私が体と向き合う時の方法をお伝えしてみたいと思います♪




例えば、今日は私、少しお腹が痛いです。

◎「おー、どうしたどうしたー」
さすりながら問いかけてあげます。

ここで重要なのは、「ただ感じてあげる」ということ。なので、思考も心配も要りません。


「あぁまたお腹か。ストレスに弱い自分が嫌になる」と自己嫌悪に陥る必要はありません。
不快な何かに対して体が敏感なだけなのです。敏感に感じられるというのも1つの才能。言わば大事なギフトです。皆勤賞で会社も学校も休まない人達も1つの才能。どちらのタイプがいたって良い。比べる必要は全くないのです^^


「今日大事な会議があるのにな」
「どっかで胃腸炎もらってきちゃったかな」
「テスト中大丈夫かな」
と心配する必要もありません。心配したことは本当になっちゃうから!


「明日までに治さなきゃ」
「病院行った方が良いかな」
「薬、くすり…」
大事なサインなのに、先に治す方に意識が向いてしまうのはもったいないです。頑張って治そうとする前に、しっかりサインを受け取ってあげて下さい。




次のステップはこうです
◎「そうかそうか、暑くて冷たいもの食べ過ぎたから少し弱ってたかな、ごめんね」「教えてくれてありがとう」

感じたら、そのまま受け止めてあげます。気づいて欲しくてサインを送ってくれたので、受け取ったら感謝の気持ちは重要ですよ♪




そしたら、
◎「どうして欲しい?」「何が欲しい?」
と問いかけてあげて、体が欲している栄養や休養をとってあげます。
「わかったわかった」「良いよ良いよ」「お姉ちゃんが買ってあげるよ~」
ポイントは体をかわいがってあげるイメージです。


具体的に食べたいものを教えてくれたラッキーですね。私の場合、果物、リンゴジュース、甘酒、お蕎麦、グリーンカレー辺りをおねだりされることが多いです(理由は分からない)。「愛のあるご飯が食べたい」と言われた時は、「愛ってw」と思いながらも、調子が悪くても心を込めて自炊するようにしています。

意外と、疲れているから沢山寝て欲しいとか、とにかくじっとしていて欲しいというシンプルな要求が来ることも多いです。

漠然と「ほぐして欲しい」とおねだりされた時には、マッサージやストレッチやお風呂を気分によってチョイス。どうしても体が辛そうにしている時は、お薬に頼ることもあります。




◎ここで重要なのは、
・知識を押し付けないこと
・一般の病院で出来るのは対処療法だということ


体は頭の部下ではないので、腹痛にはこれ、頭痛にはこれが効くだろうと勝手に決めつけられるのを嫌います(笑)健康の知識ばかりを得て頭でっかちになるほど、「こんなに頑張ってるのに効かない!」状態にハマりやすいもの。そうなるともう体調不良とのいたちごっこになるので注意したい所ですね。


あくまでも知識は、体をかわいがる為に使う♪例えばリンゴジュースねだられた際には、せっかくだから成分や酵素が残りやすい低温圧搾製法のものを選ぶとかいう風に。


病院でして下さるのはあくまでも、その症状対する対処療法がメインだと感じています。痛みを和らげるとか、炎症を抑えるとか。根本へのアプローチには、やっぱり体との向き合いが大事になってくるので、賢く使い分けたいですね♪





以上が、私が数年続いた体調不良を乗り越えてたどり着いた1つの方法です^^

常に体の声を聞くようになってからは、アレルギーが治ったり、風邪が軽めで済むようになった気もします。



敏感族の人には参考になるかも♪
敏感族のみなさん、一緒に毎日楽しく過ごしましょうね~!!
(ピンピン族の人は読まなくても平気なので、そのまま突き進んでね♪♪)



今日も最後までお読み頂きありがとうございました^^

f:id:kimmy_chant:20170713234339j:plain

体調不良は悪者じゃない

今日は、まずは私が過去に経験してきた体調不良さん達を紹介します~


(パチパチパチパチ~)
(バンドのメンバー紹介、もしくは野球とかのチーム紹介のイメージで(笑))


・生理不順
・頭痛(偏頭痛?)
・心臓痛(エコー診断受けるも原因不明)
・尿蛋白(腎臓?)
・膀胱炎(原因となるバイ菌は見つからず)
・胃腸炎(ひどい時は隔月で)
・肩の痛み(肩凝りより局所的)
うつ状態(結婚式が終わって1ヶ月で発症w)
・みぞおち辺りの痛み
・胸のつかえ
・胸焼けみたいな気持ち悪さ
・背中の痛み


年の割には上から下まで一通り経験したんじゃないかと思っております!(笑)


私の場合はですが、共通して処方薬があまり効かなかったり、検査しても原因を特定出来ませんでした。あぁまたかと、心が折れそうになることも度々(;_;)


(もちろん病院を否定する気は全くありません!体に異変を感じた時は、安心の為にも必ず受診するようにしてます。風邪とかノロウイルスの時はお世話になることもあります、病院のお薬♪)




最も向き合うのに苦労したのがうつ状態
うつ状態とは、うつ病の一歩手前だと言われています。手前とか言いながら、2年位戦いました(笑)


初めは気分の落ち込みがあったのですが、ひと月程で収まり、その後はむしろ胸のつかえやムカつき、みぞおちや背中の痛みに悩まされました。


会社の有休は使い果たすわ、薬は効かないわ、俗に言う鬱の定義に当てはまらないわ、原因だと思ってたことをキレイに排除しても治らんわで、なんなんもうー!!と思っていました。
もう自分で出来ることはやり尽くしたと思ったのが昨年12月のこと、転機が訪れます。




それまで体に無理をかけないように外出を控えてたのですが、突発的に、1週間の間に3本も大好きなミュージシャンのライブに参戦することが決定♪そのうち1本は独身時代に好きだった人に誘われての参戦でした。


ライブを見終えた時、体が急に騒ぎ出したのです。「ずっとこれを求めてたの~!!」と内なる声。
細胞が生き返ったとか、体の隅々まで血が通ったような、とにかくスイッチが入ったような感じになりました。



◎仕組みとしては恐らくこうです
・本当はライブこそ生き甲斐なのに、結婚や体調のせいにして感情にフタをし、ライブ参戦を止めてた
・本当は大好きだったのに「28までに結婚しなきゃ、30までには子供が欲しい、だから待てない!」と頭で勝手に決めつけて、他の人との結婚を選んだ


・そういえばライブが好きだったと思い出した
・今の旦那さんではないけど、自分がその人のことを好きな気持ちは、素直に認めてあげようと思った


自分の本音の部分を認めてあげたことで、体が喜んで騒ぎ出し、そこから体調が好転しました。


うつ状態に関して言えば、感情にフタをするのが常態化していたために、自分に気づいて欲しくて、症状でもって教えてくれてたんだと思います。治そうと努力をするばかりで、その視点がお留守になってたと反省。




◎まとめです^^
長年の体調不良を乗り越えて思ったこと、
それは

・体調不良は心や体からのサイン!
・だから、体調不良は悪者じゃない!!
・むしろ気づきを与えてくれる、有難い存在!!!

ということです^^




最後までお読み頂きありがとうございます♪

f:id:kimmy_chant:20170713012848j:plain

はじめまして

はじめまして、kimmyと申します。

ずっと原因不明の体調不良に悩まされておりました。

病院に行っても、色んな健康法を試してもあまり効果がなく(笑)

もう手だてがないと思った時に、ひょんなことから起死回生を果たしました。



そこからは色々な気づきの連続で、毎日が刺激的で本当に楽しい!

もしかしたら私の気づきが、誰かのお役に立つかもしれない。

そう思ったのがブログを始めたきっかけです。



体や心の声にフタをせず、自分に正直に「ちゃんと」暮らしたり、

自分を居心地の良い環境に置いてきぼりあげる為に「好きなものにかこまれて」暮らす

日々の暮らしぶりを発信していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

f:id:kimmy_chant:20170712183549j:plain

広告を非表示にする